2017年4月19日水曜日

代講の手続き

近いうちにまた日本語のクラスを代講することになるかもしれない。大学のクラスだが近所の高校を使って教える。だから、生徒は高校生と大学生の両方だ。クラスを担当している先生から、もしかしたら代講をお願いするかもしれません、と日本を出る直前メールがあった。先生も介護のために日米往復中なのだ。

今年の京都は桜の開花が遅く、日本を出る前には本当に美しい桜がどこを見ても満開だった。こんなに桜を堪能できたのは初めてのような気がする。

彦根城のお堀に映る桜は圧巻だった

大好きな東本願寺(拝観料がいらないのが主な理由)

4月11日に姉と一緒に関空からサンフランシスコに飛び、曇り空の中を毎日分刻みで動いていたような気がする。なにしろ姉の滞在は11日から15日まで。弾丸旅行だ。だから空港に着いたすぐあとからTrader Joe'sなどのお店を廻り、お土産を買ったり洋服や靴を買ったり、と夕方まで忙しい。

その上毎日3食とも外食。姉をどこに食べに連れて行こうかとそればかり考える。その合間にも税理士に会いに行き、大学で代講の手続きを始める。16日に姉をサンフランシスコ空港に送ったあとは、すぐ車を探し始めないといけない。なにしろリースが切れる車を14日に返却したばかりだが、車がないと大学での手続きも一切できない。

こちらは曇り空が多かった

パンがおいしいお店があると言ってたのにまだ連れて行ってもらってない、タンパク質が足りない、ビーフを食べに行きたい、近所の犬友の飼い主たちにお土産を買いたい、洋服と靴がほしい、という姉が満足して帰れるようにしないと、と一日中焦り続ける。

姉を送って行き車のリースの契約もすんで帰宅したあとは、こんこんと眠り続けてしまった。昨日からやっと活動し始めることができるようになったので、大学内のポリスオフィスに行き指紋採取の書類を発行してもらい、姉妹校である他の大学の保健室で診察を受ける。

大学の保健室の待合室
みなさん、ご存知でしたか?
大学の保健室では避妊具が無料で提供されているのを
(左側の椅子の背もたれ後部にあるブルーの袋)
診察を待っている間に2人の男子生徒が取りに来ていた

アメリカの学校でボランティアや教師をするには、結核に罹患していないことを証明しなければならないのだが、日本人はBCG接種をしているのでツベルクリンで陽性反応が出る。だから、胸部レントゲンを撮る必要もある。一つ一つの場所まで往復30キロから40キロ運転する。

手続きに走り廻り5時間後に帰宅した時、気持ちを巻き戻すためにしたことはこれだった。

やはり

0 件のコメント:

コメントを投稿