2017年7月20日木曜日

産休・育休

もうすぐマリーが産休に突入する。8月1日から1月9日までだ。そして次男がその後育休を取る。出産後1ヶ月はマリーと一緒に育休を取り、その後マリーが職場復帰したあと2ヶ月取るらしい。

今日は職場でサプライズベビーシャワーがあったとか

この真ん中のケーキはオムツでできている

とにかく次男は赤ん坊が生まれることでかなり舞い上がっている。毎日話題はそのことばかり。どちらかといえば、私はタイタンが水分を充分摂っているのか、そして猫保険のことの方が気になる。

今はこんなに次男にベッタリの猫たちはどうなるのか

が、『赤ん坊のSIDS (Sudden Infant Death Syndrome 乳幼児突然死症候群)を防ぐためには、生後6ヶ月までは親と寝る方がいいらしい、その場合新生児用の小さなカゴがある。それに寝ることで柔らかいお布団や親が寝返りを打つことで窒息しないらしい』『親と同じ部屋で1歳まで寝ることは、赤ん坊の精神的発達にいいらしい』などと新生児の研究に余念がない。

ギフトに何がほしいと聞いたら、これがほしいということだった
赤ん坊にはかせるソックスで、心音や酸素量がモニターできる

新生児をどうケアするか、という本を買い毎晩読んでいる。ベビーケアのクラスに通う。10年前スピード違反で2度も違反切符を切られたり、親に反抗して叫んだりしていた面影は最早、ない。

マリーがシャワーを出る時に合わせて
10分間乾燥機で温めたバスタオルを運ぶ次男

マリーの予定日は8月中旬なので、8月1日から一人でマリーが家にいることを次男は心配している。次男が職場にいる間、マリーと一緒にいてくれる?と私に聞いてくる。

う〜む。私だって自分の生活がある。アメリカに帰ったら友人とも会いたいし、山歩きだって行きたい。地元3つの高校での代講手続きもせねばならない。

それでも自分の娘だったら心配して、勿論!と返事をするだろう。それにマリーのことは好きだ。かわいい。だから、できるだけのことはしてあげたい。

子守よりも食事作りを手伝ってくれれば〜、と
次男は言う(これがサンフランシスコで私が作る食事)

が、今後じわじわと私の役割が大きくなっていき、いずれとことん頼られるようになるのが怖い。東京や京都でもっと遊びたい。

KITTEビルから見る景色が好きで、何度も通った
それに美味しいものを日本で楽しみたいのだ。

昨日友人と丸の内で食べたガパオライス
とにかく帰国するまでに少しでも多くの美味しいもの(この太刀魚定食1280円也など)を食べておかねば。

急げ!

2017年7月18日火曜日

食欲

最近自分の頭の中を考えると悲しくなる。なぜならそこには食べ物のことしかないからだ。朝ごはんを食べ終えると、お昼ご飯のことを考える。午前はまだいいが、午後が長い。夕食まで間食をせずにいるのは拷問に等しい。

寝ても覚めても食べ物のことしか頭にないのは
誰かと同じ(アプ)

特に日本にいると我慢がむずかしい。おいしいものが多すぎる。そろそろ日本での滞在が終わりに近づき、明日は空港に送るスーツケースとキャリー、東京で使ったけどアメリカに持ち帰らないつもりの物を詰めたダンボール箱1つを宅配便で送る。

高いから、川床で食べたことはないが・・・

当分は日本に来ないと思うので、残りの日本滞在で何を食べようかと研究を重ねる。本当に食欲の鬼だ。おいしくないと感じる物も捨てられないから、それも食べる。

四条河原町にある五十松の夕食
食べ物の写真はつい特大サイズにしてしまう

今回一番気に入ったゐざさ茶屋のお弁当
これは鱧の梅肉和えなどが入っていて1200円ぐらい

京都の伊勢丹地下2階と東京駅は本当に危険だ。成田空港に行く前は東京駅グランスタのお弁当、パン、駅弁、お土産品、大丸の和菓子などなどを爆買いする。

昨日なんぞおいしいものを求めて羽田空港まで行ってしまった

実は国内線ターミナルにある空弁を食べてみたかった
これは年を取って他の欲望が消えてしまい、食欲だけが残ったせいなのかもしれない。その食欲に、なんというか鬼気迫るものを自分でも感じる。健康でいないとおいしく食べられない。が、このままでは糖尿病や生活習慣病にかかる可能性大だと思う。

京都でのお気に入りのパン屋さんル・プチメック御池

二子玉で友人と食べたレモンチキンカレー

頭は全く使わないから、ボケる可能性もある。愛読書というものがなくなって久しい。愛読しているものと言えばこれぐらいだ。

お弁当のパンフレット

2017年7月15日土曜日

かわいい存在

孫を持つ山歩きの仲間たちが口を揃えて言う。孫はかわいいけど、やはり子供の方がもっとかわいい。孫が病気になると自分の子供が苦しむから、それがつらい。

そういうのを聞いていたからマゴという存在に興味がなかった。なのにもうすぐこの世にデビューするらしい。現在35週の妊婦であるマリーの写真が送られてきた。はち切れそうだ。女の子の名前は決まったが、男の子の名前が決まらない、何かいいアイデアはない?などと次男が聞いてくる。

現在子宮口が1cm 開いているマリー

Liam(リアム)がこの15年間一番好きな名前だが、ここ数年一番人気の名前となってしまったので、それはダメだと却下された。それでも一昨日遂に決まった。少し呼びにくい名前だが、ファーストネームにアメリカの普通の名前をつける、と言うことでホッとした。私の父の名前はミドルネームにするそうだ。

バギーを買った、と写真が送られてきた。

Bugabooというブランドのバギーらしい

これはカーシートをつけた状態
カーシートはマリー母が買ってくれたそうだ。

猫たちが興味津々

では私はスイングを買おうではないか、と提案したもののなかなか実感がわかないので注文もしていない。そして私はいまだに日本をウロウロしている。本当にマゴはかわいいのか?

一番好きな丸の内界隈

家に来た業者について回るタイタンの写真が次男から送られてきたのを見て、会いたくてたまらなくなってしまった。

とにかく人が大好きなタイタン

いつも暖かい寝場所を探すアイドルの写真も送られてきた。冷蔵庫の下が暖かいことを発見したらしい(サンフランシスコは夏でも涼しい)。かわいくてたまらん。

そんな猫たちよりかわいい存在があるのだろうか。どうしても信じられない。

私の想像力は貧困過ぎるのでしょうか?

2017年7月5日水曜日

後遺症

日々自分の老いを感じるようになった。どこが以前と違うかと言えば、ちょっとした不注意な行動にアクシデントが多くなったからだ。

暑い京都で今回行ったのは龍安寺

龍安寺の石庭よりも気に入ったのは、石庭横の苔庭(根っこフェチ)

龍安寺は石庭の良さはあまりわからないが、
池周辺の庭がなかなか良い

例えば先週はヘアカラーが目の中に入ってしまい、幸いひどい状態にはならなかったが、現在も眼科の治療を受けている。唐招提寺に行けば何も考えずに飛び降り腰や首に衝撃が走り、その後数日間は痛い。もしかしたら後遺症が残ったかもしれない。物を落としやすくなった。カフェインに対する耐性が弱くなったので、コーヒーを飲んだあと気分が悪くなる。

やっぱり好きなのは清水寺


ミーハーなので、二年坂にあるスタバにも行ってみた
(外から見ただけ)
こういうほんの一瞬の間違いが少なからずの後遺症を残すような事故につながる。どんどん自分が信用できなくなってきている。とにかく、あの一瞬の慢心のせいで・・・と思わなくていいように、常に気を張っていないといけない、と考える。

唐招提寺の校倉造のすばらしいこと
奈良も良いのう
これは父がいつも言っていたことだった。そのことでストレスを受けるほど自分に言い聞かせる必要はないと思うが、とにかく交通事故、家庭内事故、日々気をつけるようにしたい。一瞬のことなのだ。一瞬なのだ、一瞬なのだ、と頭の中で念仏のように唱える。

とはいえ、時間をかけて作られて残された後遺症もある。

寝痕

2017年6月21日水曜日

そして一年後

一年前の今頃、父の魂の抜けた体は階下に横たわっていた。まだ斎場での父とのお別れがある、一番苦しくつらい時が待っているのだと思うと気が重かった。

昨日の京都は33度あり暑かった
これは四条大橋から南を見たところ
右側に川床が並んでいる

2010年9月27日、父は母とのお別れをしに斎場に行かなかった。スーツを着て、家の前で母の乗った車に敬礼してお別れしたのだった。とても斎場で見送る勇気がなかったのだろう。斎場でのお別れ以上に悲しい瞬間があるとは思えない。365日前の今頃、父とのあのお別れの儀式の時の、気も狂わんばかりのつらさはまだ経験してなかったのだなあ、と思う。

最期の日々父が何度も何度も体の上で引っ張っていた
毛布は父の写真と手紙と共にサンノゼに保管している

姉も私もまだまだ父の最期の数日を思い出しては後悔する。介護休暇を取れば良かった、アプの方を優先してしまった、などと姉が言う。私は勿論アメリカからもっと早く帰るべきだった、父が顎呼吸をし始めたのをもっとしっかり見極めるべきだった、あの時寝てしまうんじゃなかった、などと思う。

2階にあるアプの部屋で私がテレビを身始めると、
すぐ隣に来てひっくり返り、腹を撫でろと無言の要求をするアプ

でも、悲しみが癒えてきているのも事実だ。愛する存在といえど親の介護は重苦しい問題であり、その介護の心配がなくなったことで正直ホッとしている。こうして時間が経つにつれて、心が回復していくのも感じる。

父はリビングルームのこの場所で
小さな椅子に座り外を眺めていたものだ

あの斎場で慟哭した日から一年たった今、両親のいなくなった実家をステージングして売ることも考えられるようになった。

現時点ではアプの運動場兼洗濯干し場としてステージングしてあります

2017年6月13日火曜日

男と女

2人の娘を持つ友人二人と飲茶を食べに行った。二人とも長女とはちょっと距離がある、と言う。どうしても女同士だと女のいやな部分がお互いに見えてしまうのよね〜、と二人で話が弾んでいる。

男の子はかわいいでしょう?と私に聞く。単純だし何もややこしい感情もなさそうだから、それはかわいいよ。でも、かわいいけど結婚したらもう母親は御役御免になるし、その点いつまでも一緒にお買い物に行ったりできる娘がいないのは寂しいよ〜、と答えた。

それもそうねえ、と二人は納得する。

母の日だって彼女たちの娘さんはちゃんと色々計画して、マッサージ連れて行ってくれたり、美容院に一緒に行ったりしてアドバイスしてくれたりするらしい。うらやましい限りだ。

Santa ClaraにあるChina Stixというところで飲茶
このうどんに見えるのはお豆腐だった

うちなんかHappy Mother's Day!というメッセージは来るがそれだけだ。マッサージなんか連れて行ってくれないし、当然一緒に洋服を買いに行くわけでもカフェに行くわけでもない。その上母の日に私がせっせと作ったものをワシワシと食らう。母の日なのにご飯作ってくれてありがとう!という感謝の気持ちもなさそうだ。

悩み事があっても息子たちには相談できない。娘だったら一緒にカフェでカプチーノなんぞ飲みながら話が弾むんだろうなあ、と友人たちがつくづくうらやましい。

日本語を教えていても男生徒と女生徒の違いが見えておもしろい。男の子はヒントを与えても深い意味はなかなか理解してくれない子が多い。直球を投げないとこちらの意図することをわかってくれない。が、女の子はちょっとしたヒントから色々な考えを展開して、こちらの気持ちを推察してくれる。勿論男前の女の子もいるし、繊細な男の子もいるが。

繰り返すがそれは猫を見ていても同じだ。多分アイドルとタイタンの生い立ちの違いなのだろう。アイドルは2歳で次男達が保護したのが理由だとは思うが、とにかく次男とマリーにしかなつかない。表情もいつも複雑な感情を表しているように見えて仕方ない。


女は家人がいない隙に食い物を探す
(カウンターの上にいるアイドルを監視カメラでキャッチ)

タイタンはその点何も考えていない。ただただ虫を追うか食べ物のことしか頭の中にはないようだ。

男はスポーツのことしか考えない

複雑な気持ちを共有できそうな娘がほしかった。が、自分の息子にはそんな単純な男の子を持つ喜びも味わってほしいという気持ちがある。自分自身のことを考えても、時々自分の感情を持て余して大変だ。

とはいえ、男よりも女の方が賢いのも確かですがね。

なにしろ・・・

女は哲学する
なにしろ・・・

男はスポーツのことしか考えない

2017年6月12日月曜日

ニュースランキング

イタリアから帰ってきた長男とサキに、写真鑑賞会を開くことを提案した。場所は次男のマンションだ。一番の目的は猫たちに会うこと。そしてタイタンがどんな状態か確認すること。

タイタンに凍ったペットボトルの表面についた水滴を舐めさせるのも試したい。素晴らしいアイデア!と次男に先週話したものの、やはり次男もマリーも試してなかった。残念なことに、タイタンは一舐めしただけでそのあとは興味を失ってしまった。なかなか手強い。

それでもこれからも何度か試してみようと思う

次男にこれから時々試してみたら?と言ったが、タイタンはお水を飲むようになった、ウェットフードも食べているから大丈夫ということ。これ以上ああしろこうしろ、と言いたくない。

タイタンは外に面した側の窓枠に置いたお水だけを飲むという

とりあえずタイタンは元気そのものだし、長男とサキが持ってきてくれたお土産のおもちゃでパワフルに遊んでいる。

キャットニップ(イヌハッカ)の入ったおもちゃで大興奮

鑑賞会が始まった。長男とサキは同じ大学に在籍していた頃はそれぞれ他の子と付き合っていたのに、卒業後今度は二人が付き合い始めるようになった。そしてそれからもう7年。4年前からはイギリス、フランス、日本、タイと毎年10日間一緒に旅行するようになり、今回はイタリアでローマ、フィレンツェ、ベニスと廻ったらしい。

毎日パスタとデザートを食べていた長男は太っていた

1600枚にもわたる写真を1時間半かけて見たあと、最後の写真がさりげなく映し出された時、えええっ!と大きな声が出た。今日のニュースランキング第1位。

最後の写真は婚約指輪をつけたサキの手だった

次男がマリーと結婚し、2匹の猫が来て、2ヶ月後には初めての子供が生まれる。そして長男はサキと結婚する。こうしてどんどん家族が増えて行く。7年前には母が、そしてちょうど1年前には父が死んでしまったが、こうして周りにまた人が増えて行くのだなあ、と車に乗り込んで走り去る二人を見ながら思う。

それにしても今回のニュースランキング第2位はアイドルが2週間で0.5ポンド減ったことだ。常時お皿に餌がある状態にするのをやめて、決まった時間に決まった量だけあげるようにしたことが功を奏したようだ。

それに比べてウェットフードをあっという間に食べ終えるタイタンは、2週間で体重が1ポンド増えた。

ウェットフードを食べ終えたあと、
名残惜しそうにお皿を見つめるタイタン

ニュースランキング第3位は、肥満がアイドルからタイタンにバトンタッチし始めたことかもしれない。

どっしりと重くなったタイタン

なんてことを次男とマリーに話したら、タイタンが口を開けた。

フェイクニュース!