2016年5月28日土曜日

住宅問題

夫が2週間のジャマイカ出張から帰ってきた。


ジャマイカの何って、一番興味があるのは食べ物
野菜と果物が多くおいしいらしい

結婚生活31年で初めての出張だったので、夫も緊張したらしいが私も緊張した。なにしろたった一人での生活は初めてだったのだから。家の前後は公園ですぐそばまで山が迫っている。夜はコヨーテの鳴き声がこだまするような場所だ。

裏庭から山の写真を撮ろうと出てみると
木々の剪定が今すぐ必要!という状態で山が見えない

この家は約230平米ぐらいで、アメリカでは中程度の大きさだが、やはり何かが壊れた時のことが心配になる。とにかく日本とは違って、
  1. 英語で修理を頼まないといけない。
  2. 修理をしてくれる人がすぐ来てくれるわけではない。
  3. どういう金額をふっかけられるかわからない。
  4. 約束した時刻に来ない。
  5. 完全に修理が完了していない状態なのに、完了しました、と言われる可能性あり。
と五重苦だ。まあ、これは少し被害妄想気味でもあり、今は口コミサイトも多いので以前よりも信頼出来る業者に頼むことはできる。が、好景気のため業者は忙しく、頼んでも来てもらえるまで時間がかかる。

夫不在の2週間のうち半分はサンフランシスコのマンションに滞在したが、その間も家は大丈夫だろうかと不安だ。泥棒が入っていないだろうか、水道管でも壊れていないだろうか、郵便受けがいっぱいになっていて不用心ではないだろうか。

少しずつ家具が増えて来たサンフランシスコのゲストルーム

日本でもアメリカでも年をとったら住み替え、ということを考えるようになる。


上写真のタンスの上に置いてある
陶製洗面器がアイドルの最近のお気に入り


日本とベイエリアの住宅問題とお金のことを考えてみたい。



2016年5月18日水曜日

食べ物を待つ猫

アイドルは一日中次男とマリーを待っている。一人遊びをしながら待っている。

video


特に次男に懐いていて、夜は次男のお腹の上でゴロゴロと喉を鳴らしている。マリーよりも次男に懐いていることに関して、次男は多分アイドルが雌猫で、次男と異性であることが理由なのだろうと言う。

いつも次男にくっついている

どんな理由にしろ、次男のお腹の上でくつろいでいるアイドルを見ると、幸せそうで嬉しい。ノラ猫としてどんな毎日を送っていたのだろうか、と食べ物を求めてさまよっていた姿を想像してはかわいそうでたまらなくなる。

エサの入ったドアの前に日中何度も行って座っている

だからおやつをあげたいのだが、猫は太りやすいということで、かなり制限しないといけない。朝は7時に朝食。日中小さなおやつを数粒。夜は9時に夕食。

チーズの匂いで飛んでくる

日中よく遊んでいるが、殆どの時間は寝ている。まるで食べ物のことを考えなくていいように、無理やり目を瞑っているようにも見える。



2016年5月9日月曜日

猫と対話する人

母の日パーティをするから朝11時に来てね、と次男とマリーに誘われる。なんでもマリー母、姉、長男、サキ、サキ母も誘ったということだ。何か食べ物を持ってきて、とも言われる。

裏庭に出てみると知らない間に花盛りだった。

全くケアのいらない花

切り花とサンドイッチの材料を持って10時半に到着。スモークサーモンとアボカド、ゆで卵とキュウリのみじん切り、ハムときゅうりのサンドイッチを作り、掃除機をかけてゲストの到着を待つ。

日本のパンを作るベーカリーで買った薄切り食パンで
作ったサンドイッチのうち、特に卵サンドが大人気だった
(しかし母の日とはいえ、一日中おさんどんで忙しかったが)

マリー母とサキたちが持ってきてくれたデザート

一人二人と到着するうちに、猫アイドルはベットの下に隠れてしまう。やはり猫は知らない人が怖いのだろう。皆がアイドルを撫でたいのだが、逃げ回ったあげく出てこなくなった。

女がこれだけ集まるとにぎやかというかかしましい

次男とマリーに比べると長男とサキは静かだし、猫を飼っていて性質も熟知しているせいか、猫に積極的に迫るということをしない。アイドルも段々安心し始めたのか、ベットの下から出てきて二人に撫でられて喉を鳴らすほどになった。

アイドルを撫でる長男とサキ

特に長男はThe Cat Whisperer(猫と対話する人)らしい。アイドルはどんどん心を許し始めたようだ。

長男の意外な能力を発見

しかし、長男は猫と対話できるだけでなく、真の気性も引き出すようだ。

リビングルームに戻ろうとする長男に何か意思表示をするアイドル

拡大してみよう。



2016年5月5日木曜日

アイドルに会う

一昨日カリフォルニアに帰ってきた。もう一刻も早く猫に会いたくて会いたくて、待ちきれない思いだったが、もちろん猫が初対面の私を怖がることもわかっていた。

サンフランシスコに3泊する予定の私を
遠巻きに観察している

次男とマリーから聞いていたが、性格が本当にかわいい。アイドルは(どうしても日本の芸能界を思い出してしまう名前だが、英語ではのらりくらりという意味)甘えるタイプで、人間にほとんどずっとくっついている。おもちゃでもよく遊ぶ。夜は毎日次男とマリーのベットで寝ているそうだ。

4日前は父

父よりかわいいですよ、やっぱり

7ポンドだが、とても小さい
寝姿はiPadと同じぐらいの大きさ

が、マリーが『朝5時に起こされたくないので、今日から私たちの寝室のドアを閉めます、アイドルは入れません』と言う。その夜から毎晩2時半頃になると寝室のドアをカリカリとひっかいて、入れてくれとせがんでいる。時差ぼけしない私も今回は帰ってきた日から夜中じゅう眠れない。

少しずつ慣れてきてはいるが

ポツンとリビングに座っているアイドルがかわいそうでかわいそうでたまらない。その上トイレの失敗をマリーに叱られる。失敗と言っても間違った場所でするのではない。猫の本能である砂かけをしないのだ。なぜならこのキャットロボットというトイレは、猫が出たあと3分後に自動的に回り始めブツをゴミ箱に落とすのだ。人間はトイレを1週間ぐらい掃除しなくてもいいという代物で、臭いもしないので怠け者の次男とマリーにはぴったりだ。

が、アイドルは自分がトイレにまだ入っている時に回り始めるのではないか、と怖いようで、トイレが終わると殺気立った顔で飛び出てくる。そのくせトイレが回り始めると顔を突っ込んで見ている。

好奇心いっぱいの顔をトイレに突っ込むアイドル

ところが、砂がかかってないオシッコやブツは100%うまくゴミ箱に運ばれない。どうしても濡れた砂が残ってしまう。で、マリーに叱られ何度もトイレに戻される。アイドルはそのたびにギャアアアア!という表情で砂をそこらじゅうに巻き散らしながら飛び出してくる。次男は、もう少し時間をあげたらちゃんと学習するんじゃない?と言うが、マリーは一刻も早くしつけたいようだ。

今日も、寝室にアイドルを入れてやりたい、という次男をマリーが『ダメ!』と一蹴し、私の部屋にアイドルを入れてドアを閉めてしまうことを提案する。『アイドルもあきらめて寝るんじゃない?』と言うが、それは無理だ。アイドルはまだ慣れていない私の部屋には入ってこない。

だから、私の部屋にキャットタワーが運び込まれた。それならそこで寝るかもしれない、ということだ。

寝室がどんどん狭くなってきた
確かにアイドルは私の部屋に入ってきて寝始めた。

やっとキャットタワーの一番上で寝始めたが

でもやっぱり哀れな表情にしか見えない。

気落ちしていない?

明日はサンノゼに帰る。だから明日からはまた次男とマリーの寝室に入れてもらえることだろう。大丈夫大丈夫。

何と言っても・・・