2015年8月31日月曜日

父の目

9月19日に日本に向けて発つ。夫も一緒だ。今回の滞在で父の物を徹底的に片付けたい。その合間に夫はあちこち観光する。レールパスも2週間のを買った。広島の厳島神社や原爆ドーム、姫路城、越後湯沢の温泉、東京、御殿場で富士山、新しい金沢駅など訪問したいところがたくさんあるようだ。

私は夫とは少しだけ一緒に旅行するが、あとは父の世話がメインの毎日になる。この時期というのは具合が悪くなりやすい頃で、母が亡くなったのも9月下旬だった。最近は姉がホームに行くと父も体温の調節ができず、機嫌が悪いことが多いらしい。


一日中暗い部屋で寝る父

先週は主治医の森先生の診察があった。以下がその時の様子。

姉:6月にかなり激しやすいころがあり、いろいろ様子をみたところ、聞こえにくいのが原因ではないかと考え、耳鼻科を受診し補聴器の調整をした。現在は、右耳に一種類のみを使用することでおちついている(以前は昼間用と夜間用と二種類を使い分けていた)。

森先生:問題はあったけど、解決した。よかったですね。


2009年にはまだテレビの配線などを自分でしていた
これは覚えに自分で書き付けていた配線図


姉:急に機嫌が激変することがある。さっきまで楽しそうにしていたのに、次の瞬間険しい顔になり、食事をしないとか娘を呼べとかになる。ただ、長続きはしない。

森先生:前頭葉の問題です。アクセルとブレーキ。暴走しがちなアクセルと効きの悪いブレーキ。様子をみていると自発性は失ってきている。自分から話そうとしない。アクセルは大分勢いを失くしている。喜怒哀楽もアクセルなので、不快なことがあるとアクセルを踏んでしまう。Mさん(父)は自律神経の問題があり、暑さ寒さでも過敏に反応する傾向があるので、些細な環境の変化でアクセルを踏んで暴走することがありますが、以前ほどの勢いはない。ブレーキが効きにくくても、しばらくすると治まる。待てばいいということになります。

姉:マッサージや体操をすれば、暴走しない状態にもっていけるのではないか。

森先生:ツールのひとつにはなるでしょう。

姉:幻覚をみているときはどうしたらよいか。

森先生:幻覚の場合は時間がかかりますが、Mさんの場合は以前のように薬が必要なほど状態がひどくない。壁になにかいるといえば、壁に手をあてるなどして、いないことを確認して、現実に戻してあげればいい。

父がアルツハイマー病と診断されたのは2010年。それからよくもちこたえているなあと思う。ホームに行くと父がかわいそうという気持ちと、イライラして早く帰りたいという気持ちが毎回交錯する。そしてホームの横の駅で電車を待つ時は、『もう少しいてあげたらよかった』といつも後悔するのだった。


2010年に亡くなった母がよく入院していた病院
思い出すだけでいつも涙が止まらなくなる場面がある。父が3年前に肺炎にかかって入院した時のことだ。退院はしたものの、自分一人で家に住むのが不安だから病院に戻りたい、とまた入院した父。この時は認知症病棟に入った。病棟のドアには鍵がかかり、職員しか開けられないようになっている。

その病院には毎日通った。そして父を連れてよく一階にある売店に行ったり、病院の庭にあるベンチに座って一緒にアイスクリームを食べたものだ。1時間ほど話したあと父を3階にある病棟に連れて帰る。別れを告げる時、重いドアに鍵をかける職員の横で、父はじっと私の顔を見つめているのだった。その時の父の目を忘れることは一生ないと思う。父の目にあったのは『恨み、恐れ、不安』ではなかった。

そこにあったのは『子への愛』だったのだ。


新聞を上下逆さまにして真剣に読んでいた父
どんな場面にも笑いはあるんですね

2015年8月29日土曜日

その結婚、待った! 4/4

翌朝次男がパソコンを抱えて、話したいと私と夫のいる部屋に来た。マリーに聞かせたくないようで、ドアを閉める。
  1. まずマリーは今までのガールフレンドとは全く違う。本当に一生を共にできる人だと確信している。成熟していないように見えるかもしれないけど、まだマリーは24歳。大学生(交通事故のため1年半休学した)のマリーに成熟を求めるのは無理なこと。自分だって仕事をし始めてやっと少し大人になったと思う。
  2. 自分とマリーはこの数ヶ月無駄遣いをしていない。今月のクレジットカードの明細はこの通り、と見せてくれる。実際そこには必要経費しか記載されていない。
  3. 仕事を始めたら、学生ローンはマリーが主に払えるはずだ。結婚後もローンはマリーの負債として区別するために、二人の銀行口座は別にして、マリーは毎月2000ドルずつ返済する。それによってマリーに達成感を持たせるため。あとの生活費は自分が全て払う。そのためにマリーには自分のクレジットカードを結婚後 渡す。学生ローンは結婚したら二人の負債となる(夫妻の負債か・・・)のだから、マリーの仕事に何かあった時は自分が責任を持って払う覚悟はある。
  4. 万が一自分が失業した時のための備えもしている。その時のために月収7ヶ月分は預金している。
  5. また老後のことも考えていて、すでに預金を始めている。
  6. 結婚指輪はダイヤがぐるりとついたEternity Ringをマリーがほしがっていたが、それは5年後の結婚記念日に買うことにして、今回は二人とも100ドルぐらいの指輪にするつもりだ。
そうか、そこまで考えているのなら大丈夫なのだろう。大きなダイヤ(これが一番の不安材料だった)、ルブタンの靴、失業、ワインのこと、と心配事が続いたがもう任せることにした。

お姫様抱っこができるか、と試す能天気な二人

基本的に明るく素直なマリーのことは大好きだ。本当にかわいいと思う。人の目を見て話すことのできない夫も、マリーには話しかけることができるようだ。3月の結婚式の予定を4ヶ月も早めてしまったことで、皆準備が大変になってしまったが、二人は全て自分たちでできると言う(それはありえないのだが)。

24歳と25歳の二人の結婚は危なっかしいな、とやっぱり思う。でも、向こうから助けを求めてきているわけではないのだ。私たちも子離れする時期なのだろう。もうこれ以降彼らを信頼して、親からのアドバイスはやめておこう。

特に姑は全てのことに口をつぐむべきなのだ。特にこういうことには⇩


玄関


2015年8月28日金曜日

その結婚、待った! 3/4

さて日曜日の朝次男が一人の時、話したいことがある、と座らせた。前日夫と話した私たちの懸念を伝えると、次男は気色ばむ。この時点で夫はもう腰が引けている。高校生の時次男は感情的で、親に対して怒りを爆発させ部屋のドアを大音響を立てて閉め、閉じこもって出てこなかった。嫌われるのがいやなのか息子との関係に自信がないのか、そんな次男を叱るということができなかった夫を改めて思い出し、頭にきた。

裏庭の葡萄を今朝見てびっくり
全て骸骨状態でした

なんで今更?と次男はムッとした顔をする。明らかに腹を立てている。完全にうつむいてしまった夫にムカつきながら、昨日考えたことを言った。

あなたには結婚生活に対する覚悟はできているのか、大きな負債を抱えることはわかっているのか、昨日のようにお金のことで突然不安になりワインを売るということは、計画性に欠けるのではないか、自分だっていつ突然失業するかもしれない、ということはわかっているのか、マリー自身にも大きな借金を返済する覚悟はあるのか、ダイヤに使ったお金はローンの返済に充てるべきではなかったのか、年末から始まるサンフランシスコでの生活費は工面できるのか。

左は今日の長男のお弁当
右はマリーのお弁当
次男は社食
次男は憮然とした顔で、結婚生活に対する覚悟はできている。自分たちがコンドーの家賃を払うことができないのなら、もっと安いアパートに移ることも厭わない。という返事だ。つまり次男とマリーが約束していた家賃を払えない場合、コンドーは他人に貸せばいい、という意味だ。しかし次男はわかっていない。今サンフランシスコの家賃は高騰していて、自分たちが払える家賃のアパートを見つけるのはとてもむずかしいのだ。


それにしても結婚式には何を着ればいいのだろうか
明るい色がほしいのだが・・・


結局はこれになりそう
この上に華やかなスカーフ?
写真はイメージです

夫はそれを聞いて、前日とは別人のように、『そうかそうか、それは良かった、応援しているからね〜』といった激励をする。その態度に頭に来た私は、『お父さんもあなたたちの結婚とお金に対するスタンスにかなり不安を持っている』と次男に伝えた。夫は逃げ出しそうな様子だ。

次男はムッとした表情のまま二階に上がっていってしまった。勿論この時点で私たちの夫婦喧嘩が始まったのは言うまでもない。

結婚前は両目をあけてしっかりと相手を見よ
結婚後は片目を閉じよ

いや、両目を閉じよ

2015年8月27日木曜日

その結婚、待った! 2/4

さて、サンフランシスコで次男たちと別れて、夫と私はショッピングに行った。久しぶりにレストランで一緒にランチを食べたが、話すことがない。目が合うことすらきずつない(気づまりという意味の京都弁ですが)。

ランチを食べに行ったユニオンスクエアのレストラン

夫に私の懸念を話した。
  1. 結婚は早過ぎるのではないか。そもそも何故3月の予定だった結婚式が4カ月も早くなったのか。
  2. マリーに仕事が見つからない場合、学生ローンは結局次男が背負うことになって大変になるのではないか。その上マリーは早く赤ちゃんがほしいと言っている。
  3. 結婚とは一生その人と人生を共にするということだ。その覚悟はできているのか。
  4. ダイヤの婚約指輪は学生ローンの支払いと生活費に廻すべきだったのではないか。
などと話す。普段お金のこと以外あまり心配というものをしない夫が同じ気持ちでいることがわかって、私のストレスはマックスに達した。タイミングを見て次男と話そうと同意する。

今は仲良しの二人だが

なにしろお金の問題は、夫婦不仲の大きな原因だ。

特にこのところコンドーの建築完了が近づいていて、つまりそれは頭金と契約時費用を払う時期が近づいて来たということで、私と夫の喧嘩も増えている。同じ時期に今の家の固定資産税(カリフォルニアはとても高い)、車の保険、などの支払いがあるので夫はもうパニックを起こし始めていて、結婚式やその他の悩みもあり私も追い詰められた気分になりやすい状態。夫はiPhoneを失くした時と同じく、妻に対して助けて助けて状態になるのだ。勿論仕事もある夫のストレスは『脳血管ブチ切れそう』状態なのだとわかる。それでも何度離婚という言葉が頭の中をよぎるか・・・(上リスト3番参照)。

我が家の裏庭にある葡萄棚には今年もマスカットが実った
これで作った甘くておいしいワインを2500ドルで売ることはできませんかね

2015年8月26日水曜日

その結婚、待った! 1/4

9月4日でマリーのインターンとしての契約期間である3ヶ月が終わる。その際正社員として年収4万から5万ドルで雇用されるかも?と期待していたのだが、叶わなかった。つまり来週の金曜日で失業することが決まったわけだ。

結婚後自分が生活費を負担し、マリーが学生ローンを毎月2000ドルずつ返済するというのが、次男の計画だった。正確には84000ドルのローン。そのうち8000ドルはマリーが以前から貯めていたお金と、インターンをして貯めたお金で先月返済した。残りは76000ドル。そのうち44000ドル分には7%の利子がつく。まずそれを一刻も早く返済しなければならない。

マリーが毎月2000ドルずつ返済すれば、2年で48000ドルが返済できる。だがその時点で、残りのローンは28000ドル(76000−48000)ではない。なぜなら毎月利子がついてローンは増え続けているわけだから。学生ローンはアメリカでも大きな問題になっている、まるでサラ金で抱えた借金のような利子が利子を生む負債だ。これを簡単にするために3万ドルローンと呼ぼう。

3万ドルローンの方は、利子が3%ぐらいなので、これは急いで返済する必要はない。預金から得る利子率の方が高いからだ。お金はローンに充てるよりは預金し、少しずつ返済すればいい。マンハッタンで公認会計士をしているマリーの伯父さんに相談したところ、3%の利子は心配するな、それは時間をかけて返済していけばいい、と次男の考えていることと同意見だった。

ところが、その計画はマリーが失業することでおじゃんになった。仕事は見つかるのか。

次男は一気にストレスを抱えた顔をしている。今年末から始まるサンフランシスコでの生活。家賃も含めた生活費を自分一人で全てまかなえるのか。考えた末、まずワインを売ることにしたと言う。去年ナパバレーに行った時買ったワインを、サンフランシスコにあるワイン専用倉庫に預けてある。まずはそれを売ることにした。Craig's List(家、車、ペット、家庭教師レッスンなどなど、あらゆるものを売買するサイト)に『ワイン売ります』と広告を出した。なんと1時間後には買い手がついたのだ。買った時の金額で引き取ってくれるそうだ。その金額は7500ドル。

今年の始め、サウサリートに連れて行った時も
ワインのお店に興味を持った次男とマリー


ということは100本ぐらい売ったのか?では、引き渡しのお手伝いをしに一緒にサンフランシスコに行きましょう、と夫と私は『自分一人でできる。』といやがる次男に申し出た。そもそも暗い倉庫で見知らぬ人間と、7500ドルもの現金取引など一人でしてほしくない。(一応次男は買い手のことはオンラインで調べていたらしい。)

ところが売ったワインはたったの3本だと言うではないか。つまり1本2500ドルだということ。これにはたまげた。次男は投資のために買ったのだそうだ。いずれ1万ドルになるはずのワインなのだと言う。ここ数年カリフォルニアでは干ばつが続いているが、干ばつの年のワインは甘くておいしい。大儲けを夢見て買ったらしいこのワインには買い手が殺到して、正価の1000ドルで買うには20年待ちのリストができている(次男は2500ドルで買った)。しかし、どんな理由にしてもそういう大金をかけて一攫千金を狙うなんてバカじゃないのか?

倉庫までの道中、値段が上がるのがわかってるんだから売らなきゃいいのに、とマリーがずっと怒っている。その一方、私は次男がこのワインを手放すことに大きな安堵感を覚えていた。今後こんな馬鹿なことは二度としてほしくない。

いつも歩きに行く山道に倒れた大木

『今晩飲むために買いました。』という買い手に無事引き渡しもすんで、現金をすぐそばの銀行で入金し、一件落着である。この二人、大丈夫なのだろうか。結婚していいのか?余りにも幼いのではないだろうか。子供なんか当分作るなよ、と心の中で祈る。

続く(今日から連続4日間)。

ワインを買ってくれた人が来るまで倉庫でバレーボールで遊ぶ二人
大丈夫なのか?この結婚・・・

2015年8月22日土曜日

軌跡の人

姉は私の夫のことを『奇跡の人』と呼ぶ。姉によると、夫は文句を言わない、よく働く、仕事は完遂する、妻が日本にしょっちゅう行くことにも協力的だ、子供に優しい、家事を全てする、と褒める。

そうだろうと思う。夫に対して文句はない。私が日本に行っている間も高校生の子供たちの世話をしてくれた。子供たちが小さい時は、週末はスポーツの練習の送り迎えをし、週に2、3回ある試合には仕事を早引きして(アメリカではそれが許される)、我が家から100キロ以上先にある相手チームの学校にまで、チームの子供たちを連れて行っていたものだ。

これは夫にではなく、マリーに作るお弁当


家族で旅行に行く時は、リサーチをし尽くして細かな日程表を作る。例えばカナダにあるレイク・ルイーズにあるホテルに泊まった時は、朝6時・湖の周りを散歩、写真撮影、7時・子供たちが楽しめそうな場所を一人で探しに行く、8時・朝食 etc.と時間刻みで予定を立てる。湖は早朝の方がきれいだから一緒に行こう、と朝の5時半に起きて誘ってくる夫がうるさい。まるで森田健作なのだ。

そんな夫にこのところ『うっかり』が多くなった。元々キャパの小さい人なので、何かと言うとパニックを起こす。午後の会議に使う書類一式を家に置いたまま仕事に行く。『家にある?』焦ったメッセージが来る。ちょうど近所のお店に行かないといけなかったので、夫の職場のそばにあるサラトガのピーツで待ち合わせて書類を渡した。

二人でランチの日はカフェで、パンとカプチーノ
会話なし・・・

昨日はお店から帰った夫が、iPhoneがないと騒ぎ始めた。はあはあと呼吸が荒くなり、見つからない、どこかに忘れて来た、どこにあるかわからない、とパニックを起こしている。その姿に『なんとキャパの小さい男よ』とがっかりする。いい夫なのだからそれぐらいの短所には我慢しないといけない、と思うのだが。

電話してみるとお店にあったようだ。夫がiPhoneを手に入れて家に向かって帰ってきている軌跡を、私のiPadで確認した。夫のiPhoneがどんどん家に近づいて来ているのが見える。帰ってきて『あったあった』と嬉しそうにする夫の顔が想像できる。


赤い点線が夫の帰ってくる軌跡を示している
こんな時『帰ってこんでええ!』と思う妻は多いよね〜?

2015年8月17日月曜日

長男のガールフレンド

突然だが、母(私)が知っている限りマリーは次男の7人目のガールフレンドだ(把握しているところがすごい?)。高1の時玄関でガールフレンドとキスをしているのを目撃して以来、まあいろいろあった。次男にふられた元カノがストーカー化したあげく、夜中に家の前に停めていた車を鍵で傷だらけにしたこともあった。

元カノが現カノ(?)を殺してやると脅し、警察のお世話になったこともあった。とにかく次々と替わるガールフレンドたちと、大なり小なり問題を起こしていたものだ。いつか家族まで巻き込まれる事件が起きるんじゃないか、と長男はそんな次男に不満を持っていたが、やっと次男も年貢の納め時が来たといえよう。

我が家の子供(?)たちは今3人


そして、長男はどうか。やはり母の知る限り今のガールフレンドは3人目だ。高2の時から5年つきあった彼女にふられ、大学で知り合って同棲までした彼女にも遠距離恋愛になった途端ふられ、今の彼女とは付き合い始めて5年たった。どの子も次男の彼女たちに比べるとおとなしいかもしれない。

中でも現在の長男のガールフレンドにはほとんど会うこともないし、会ってもあまり話したことがない。それでもこの子と結婚する、と長男も近いうちに言い始めるのではないか、と思う。来月は二人でヨーロッパ旅行をするらしい。

次男が思うに、長男ガールフレンドはマリーが私のお気に入りだと感じるから、余計この家に来づらいのではないか、ということ。それもあるのかもしれない。もし、長男が彼女と結婚するなら、マリーと同じように扱ってあげないといけない、と思っている。そうじゃないと長男もかわいそうだ。

マリーの婚約パーティに来た長男ガールフレンド
左からマリー姉、ガールフレンド、マリー母、マリー

息子たちの奥さんには、自分の子供と同じような気持ちを持ちたいものだ。

でも2本だけ残った春巻きは
長男と次男にあげたくなってしまうんですね〜