2018年4月16日月曜日

孫源病?

日本からサンノゼに帰ってきて2週間になる。そろそろ『再入国許可証と米国市民権』シリーズも再開したいが、気力が湧いてこない。

SFではすぐ近所に来年地下鉄が開通するらしい
だが、今は『それが何か?』という気分

なにしろ日本恋しい病にかかってしまったようだ。去年まではアメリカにいる方がずっと楽しい毎日だった。なのに、今はどうしても思い出せない。一体アメリカで何を楽しんでいたのだろうか。

日本を出る直前まで桜が咲いていた
これは飯田橋で見たお堀端の桜

2週間の間に2度外食をした。日本では、子育てを終え介護を終え、大学の費用を心配することもなく美味しい物(注:上限1500円!)を食べ歩く楽しさを味わっていたのに、こちらではチップ込み1500円のランチなんて皆無だ。

タイ料理(名前は忘れた)チップ込み1800円ぐらい

GroveというおしゃれなSFのおしゃれなレストランでキューバのサンドイッチ
アイスティーと共でチップ込み2200円ぐらい

近所の花が咲き乱れていて美しい。

カリフォルニアは空の色が日本となんとなく違う

長男は結婚指輪もできあがっていつでも結婚する準備ができた(のだろうか)、次男は先週育休を終え無事仕事に復帰し、ヒロは順調に成長している。友人とも会ってカフェでおしゃべりする時間は本当に楽しい。

夫も物を捨て始めてくれた。

使わない工具類やラケットなどがなくなった

なのにむなしい。

毎日泣きたいような気分になっている。

桜の上に降る雪がすばらしかった(円覚寺)

むなしい。もしかしてこれは孫源病なのだろうか。子守りなんかするつもりはなかったのに、やはり保育所が休みだったりすると手伝ってあげないと、という気持ちになってしまう。もしかして息子夫婦からは『かわいい孫でしょ?子守りするのも楽しいでしょ?充実しているでしょ?』と思われているのだろうか。

家族が集まると笑いがある。その楽しい時間を過ごすとやっぱり家族!と思うのだがそこで自分はいつも裏方だ。

死ぬまで自分が主役でいてもいいのではないのだろうか。つまり、子供や孫の心配もなく好きな時に好きな物を食べに行って、好きな時に友人と会い、好きな時に旅行してもいいのではなかろうか。なのに、子供や孫のそばにいると自分はひたすら働いている。

私はやはり日本で老後を過ごすべきなのだろうか、と心が揺れ動く。

やはりこの尻と後頭部はかわいいのだが・・・

2018年3月29日木曜日

もうすぐ帰国

私は悲しい。

もうすぐアメリカに帰るというのに、じゅうぶん美味しいものを食べていない。

日本で一番好きなパン、名古屋高島屋のル シュプレームのパンをもっと食べたかった

私は悲しい。

今まで丸の内にばかり日参して、乃木坂を知らなかった。六本木、赤坂、表参道などは私には敷居が高すぎて近づきもしなかった。が、国立新美術館に行って初めてそこがどんなに洗練された素敵な地域であるかを知った。

満開の桜と東京タワー、高層ビルの景色を見ながらカフェテラスで過ごした時間は、
ビュールレ展覧会場で過ごした時間の倍でした

もう時間がない。帰ったら遊びに行けるところはピーツ、Whole Foods、そしてTrader Joe'sぐらいで、またヒロのよだれにまみれる日が始まる。

なんで毎日おいしいお寿司を食べに行かなかったのか。(注:ランチスペシャルのみ)

KITTEビル銀平の海鮮丼セットは1620円(サラダ、お豆腐、お味噌汁、天ぷら、漬物つき)
このシラスサラダを食べた段階で『ここは当たり!』ということがわかった

大好きなミョウガがたっぷりかかった海鮮丼

なんで毎日割烹に食べに行かなかったのか。(注:ランチ1500円までが望ましい)

帰国前にもう一度だけ食べておこうと焦って行ったうを匠SENの十菜御膳1480円

なんでアメリカで行けるようなカフェにばかり通ったのか。

何度もランチに行った丸の内のDean & Delucaやメゾンカイザー

こんなものはアメリカででも簡単に作れるのに。

アボカド・ベーコンサンドイッチとサーモン・クリームチーズサンドイッチ

もしかして海鮮丼よりもサンドイッチを選んだのはこれが理由?

ま、まさか

2018年3月24日土曜日

フェイクニュース

午前11時半の出町柳商店街はまだ寒かった。満寿形屋の前にはまだ誰もいない。

開店は12時。この寒いお店の前で30分間待つのは長過ぎる。では開店まで鴨川にでも桜を見に行くか。


が、姉が言う。『前回11時35分に来たらもう長い行列ができていて、一巡目で入店できなかった。入店できたのは一巡目のお客さんの終わったあと、二巡目の12時20分。』


なら30分待っても一巡目に入店する方が待ち時間は短い。お店だって行列の先頭で待っていた私たちに、鯖の尻尾部分をくれるなんてことはないだろう。



11時50分時点で、お店の前には20人ほど並んでいた

その上私たちはシステムを習得しているのだ。どの時点でお店に入ろうと分厚い鯖寿司が食べられることに変わりはない。


ベンチに座ってメニューを見る。鯖寿司とかけうどんのセットは1000円だが、きつねは200円増し、蕎麦は100円増し、計300円増しで1300円になる計算だ。が、きつねを頼むことで鯖寿司の尻尾が来るかも、という心配からは解放されるのだ。価値はある。
きつね蕎麦と鯖寿司のセットに決めた。





12時5分に開店。私と姉は最初に入店する。このお店では入店する順番で席が決まっている。つまり、注文も食べ物が運ばれてくる順番も私たちが一番だ。



こじんまりした店内

きつね蕎麦セットを注文した私たちはリラックスして待つ。まずはお盆に乗せられた蕎麦とお醤油皿が運ばれて来た。本日の鯖寿司は特上だという貼り紙が目に入る。遂に夢に見ていた鯖寿司が食べられるのだ。それも運良く今日は特上。



あとは真打ちを待つのみ
ちなみに個人的な意見だが、お蕎麦よりもおうどんの方が美味しいと思った

1分後鯖寿司が運ばれて来た。新鮮な鯖をうっとりと愛でている私に姉が囁いた。



今日の私の鯖寿司
分厚さ5段階で言えば4ぐらいか?

『ガセやった。』

姉の鯖寿司を見た私は混乱した。なんとそれは尻尾部分だったのだ。



手前は尻尾部分、もう一切れも特別分厚いわけではない

行列の先頭に並び、キツネ蕎麦を注文した姉に尻尾が来たのだ!オンラインで仕入れた情報は正しくなかったのだ。フェイクニュースだったのか!


二番手に並んでいた隣の席の人たちはどうだろう。チラッと見ると男性の鯖寿司は分厚いが女性のは尻尾だ!二人ともかけうどんセット。



すみません、お隣さん
ブログのために写真まで撮って

私は更に混乱した。鯖寿司のシステムはどうなっているのだ。

姉が隣の女性の鯖寿司を見ながらおごそかに言う。『今この法則を考えてる。段々わかってきた。』


が、その法則がどんなものなのか姉は言わない。やはり鯖の真ん中部分は分厚く、その一番分厚い部分が当たった人のもう一切れは尻尾なのか。


お店を出る時に未練がましくウィンドウに置いてある鯖寿司を見ながら考えたが結論は出ない。


この方程式の答え、誰か出して〜

2018年3月20日火曜日

衝撃の海鮮丼

静岡県民の皆さま、おめでとうございます。

天下の富士山を擁する風光明媚な地域、温暖な気候、そして美味しい海鮮食品へのアクセス。静岡県民の皆さまは日本一ラッキーな県民に選ばれました。

いえ、選んだのは私ですがね。

静岡在住の友人R子さんと清水駅で待ち合わせた。胃痛の治った今日、駅横の河岸の市、まぐろ館に行くためだ。

静岡駅で新幹線から東海道本線に乗り換えて3つ目の駅、いざ清水に!

潮の香で食欲を刺激される
(しかし何故私の写真はいつも傾いているのか)

この市場、野菜の値段もありえないほどリーズナブル。今年は野菜価格が例年の2倍だというのにもかかわらず。

東京でも京都でもこの値段はありえない

はい、ではそこ(お店の名前は丼兵衛)で食べたランチをご紹介いたします。

生桜エビから右回りに、サワラ、ぶり、サーモン、かんぱち
そして貝のダシで作ってあるのか、このお味噌汁が衝撃のおいしさだった

生桜エビのアップ

サワラの入った海鮮丼は初体験

ここではその日のお刺身のリストから5種類選ぶことができるのだ。



見よ、この値段!


友人の選んだ5種は、サワラ、真アジ、真鯛、釜揚げシラス、ネギトロ

私は悲しかった。こんなに美味しい海鮮丼を1200円で食べてしまった後、もうその辺の海鮮丼を食べてもなかなか満足できないだろう。あ〜、あの清水の海鮮丼、と毎回思い出すことだろう。

次にこんなに美味しい海鮮丼が食べられるのはいつのことなのか。

涙が交じったお味噌汁は少ししょっぱかった・・・?

2018年3月19日月曜日

カウントダウン

これは何かの天罰なのか。

日本に来て4日目。今回は2週間の滞在なので、一日も無駄にできない。食事はどこで安くおいしく食べられるか、とそればかり考えている。

例えばお魚御膳(さわら)1000円
丸の内で食べた・・・ではなく
丸の内で買ったゐざや茶屋のお弁当1000円

市ヶ谷でお花見しながら土手を歩いたあと食べた・・・

夕食の膳1800円

やはり日本はすごい。1000円でランチ、2000円以下で夕食が楽しめる。

なのに、夜食は毎日これ。

アメリカでは無縁の胃薬

日に日にお腹の調子が悪くなる。アメリカでは使われていないなんらかの調味料?何が問題なのかわからない。困った。カウントダウンは始まったのだ。

あと4日

2018年3月15日木曜日

鯖寿司システム

明日のフライトで日本に行く。そしてギリギリになって色々と変更があったので、夜もう11時になるのにパッキングも終わってなくて泣きそうだ。

そして泣きそうなほど忙しいのに、これを書かずには寝られない。

京都出町柳商店街の満寿形屋の鯖寿司ランチのことだ。

まず写真で復習しましょう。


まず12月にNみさんと行った時のセット
向こう側がNみさんの鯖寿司とかけうどんのセット1000円
こちら側が私の鯖寿司ときつねうどんセット1200円

2月に姉が行った時の鯖寿司とかけそばのセット
おうどんはお蕎麦に替えてもらえることができると知った

が、鯖寿司は伝説の尻尾部分だった


2月に静岡の友人R子さんが行った時
閉店間際だったが最後のかけうどん鯖寿司セットにありつけた
今日姉が食べたリベンジきつねうどんの鯖寿司セット1200円

さて、ここまで写真を見てお気づきになりましたでしょうか。

姉は行く前に勉強して行ったんですね。

つまり、尻尾部分の鯖寿司がついてくるのはかけうどんの場合だけなのだ。よく見るとかけうどんは安っぽいストライプの丼で、きつねうどんはもう少し高そうな丼だ(でもない?)。かけうどんのセットには鯖の薄い部分が使われた鯖寿司がついてくる。

特上鯖寿司は1本6000円、特選鯖寿司は1本5000円。姉が前回食べた尻尾鯖寿司は特上寿司だったが、今日リベンジした鯖寿司は特選寿司だったのだ。これはたまたまで、日によって違う。普段の鯖寿司セットには特選鯖寿司が使われる。つまり200円多く払えば分厚い鯖寿司がちゃんと食べられるということらしい。

システムさえ学習すれば怖いものなし
行くぞ!

2018年3月14日水曜日

再入国許可証と米国市民権 3 宣誓式に間に合わない

さて、過去25年のパスポートを見ると私は41回アメリカに入国していた。4回はカナダからなので、日本からの入国は37回。そのうち15回は2006年から2010年1月までの間だった。つまり2006年から介護往復が頻繁になったということだ。

母の介護往復はしばらく続きそうだが、日本国籍は捨てたくなかったのでまずは再入国許可証で2年間はふんばってみようと決めた。再入国許可証は申請後4週間でレシートが届き、その後指紋を採ったあと許可証が発行される。費用は$375。申請中も日本に行って良し。

申請書を提出し指紋を採って許可証はすぐ発行された。が、再入国許可証を持って日本からアメリカに帰ると、今度はもうそろそろ市民権を取ったら?と入国審査官に言われる。永住権を取得して5年たった時点で取ったら良かったのに。なんで市民権を取らないの?理由は?アメリカ好きでしょ?とたたみかける。

そうか、もう覚悟を決めてアメリカ市民になるか。それなら介護往復を何度してもうるさく質問されることもない。申請にかかる料金は$675。市民権を申請中、国外に出るのは可。

市民権取得のためのテストに合格したあと、宣誓式は7月29日だという知らせが届いた。その時私は日本で母の介護をしていた。が、酷暑で体調を崩したこともあり、7月28日に帰国することにした。アメリカ市民権を取った人たちのオンラインフォーラムを何時間もかけて読んでみると、宣誓式の知らせが来たら決して延期するな、移民局と無駄に関わり続けたいか?という意見が多かったからだ。

が、フライトを変更して帰ろうとしたのに、帰れなくなってしまった。乗った飛行機が成田に引き返してしまったからだ。その夜は高輪プリンスホテルに泊まり(これはユナイテッド航空が用意してくれた)翌日のフライトに乗れると言われたが、宣誓式にどうせ間に合わないのなら、と京都に引き返すことにした。

ボーイング777のエンジンが爆発したのだった

アメリカに帰ってしまったと思った私がまた京都に引き返して来たので、母は大層喜んだ。私が新幹線往復料金と、空港と京都間荷物を往復させた料金で35000円も損した、とこぼすと母が見えない目をキラキラ光らせて、息だけの声で言った(この頃母はもう唇が麻痺してほとんど動かなかった)。

昭和30年代、発病する数年前の母(左)と東京に住む母の妹(右)

「母ちゃんがおごったる。」