2017年6月21日水曜日

そして一年後

一年前の今頃、父の魂の抜けた体は階下に横たわっていた。まだ斎場での父とのお別れがある、一番苦しくつらい時が待っているのだと思うと気が重かった。

昨日の京都は33度あり暑かった
これは四条大橋から南を見たところ
右側に川床が並んでいる

2010年9月27日、父は母とのお別れをしに斎場に行かなかった。スーツを着て、家の前で母の乗った車に敬礼してお別れしたのだった。とても斎場で見送る勇気がなかったのだろう。斎場でのお別れ以上に悲しい瞬間があるとは思えない。365日前の今頃、父とのあのお別れの儀式の時の、気も狂わんばかりのつらさはまだ経験してなかったのだなあ、と思う。

最期の日々父が何度も何度も体の上で引っ張っていた
毛布は父の写真と手紙と共にサンノゼに保管している

姉も私もまだまだ父の最期の数日を思い出しては後悔する。介護休暇を取れば良かった、アプの方を優先してしまった、などと姉が言う。私は勿論アメリカからもっと早く帰るべきだった、父が顎呼吸をし始めたのをもっとしっかり見極めるべきだった、あの時寝てしまうんじゃなかった、などと思う。

2階にあるアプの部屋で私がテレビを身始めると、
すぐ隣に来てひっくり返り、腹を撫でろと無言の要求をするアプ

でも、悲しみが癒えてきているのも事実だ。愛する存在といえど親の介護は重苦しい問題であり、その介護の心配がなくなったことで正直ホッとしている。こうして時間が経つにつれて、心が回復していくのも感じる。

父はリビングルームのこの場所で
小さな椅子に座り外を眺めていたものだ

あの斎場で慟哭した日から一年たった今、両親のいなくなった実家をステージングして売ることも考えられるようになった。

現時点ではアプの運動場兼洗濯干し場としてステージングしてあります

2017年6月13日火曜日

男と女

2人の娘を持つ友人二人と飲茶を食べに行った。二人とも長女とはちょっと距離がある、と言う。どうしても女同士だと女のいやな部分がお互いに見えてしまうのよね〜、と二人で話が弾んでいる。

男の子はかわいいでしょう?と私に聞く。単純だし何もややこしい感情もなさそうだから、それはかわいいよ。でも、かわいいけど結婚したらもう母親は御役御免になるし、その点いつまでも一緒にお買い物に行ったりできる娘がいないのは寂しいよ〜、と答えた。

それもそうねえ、と二人は納得する。

母の日だって彼女たちの娘さんはちゃんと色々計画して、マッサージ連れて行ってくれたり、美容院に一緒に行ったりしてアドバイスしてくれたりするらしい。うらやましい限りだ。

Santa ClaraにあるChina Stixというところで飲茶
このうどんに見えるのはお豆腐だった

うちなんかHappy Mother's Day!というメッセージは来るがそれだけだ。マッサージなんか連れて行ってくれないし、当然一緒に洋服を買いに行くわけでもカフェに行くわけでもない。その上母の日に私がせっせと作ったものをワシワシと食らう。母の日なのにご飯作ってくれてありがとう!という感謝の気持ちもなさそうだ。

悩み事があっても息子たちには相談できない。娘だったら一緒にカフェでカプチーノなんぞ飲みながら話が弾むんだろうなあ、と友人たちがつくづくうらやましい。

日本語を教えていても男生徒と女生徒の違いが見えておもしろい。男の子はヒントを与えても深い意味はなかなか理解してくれない子が多い。直球を投げないとこちらの意図することをわかってくれない。が、女の子はちょっとしたヒントから色々な考えを展開して、こちらの気持ちを推察してくれる。勿論男前の女の子もいるし、繊細な男の子もいるが。

繰り返すがそれは猫を見ていても同じだ。多分アイドルとタイタンの生い立ちの違いなのだろう。アイドルは2歳で次男達が保護したのが理由だとは思うが、とにかく次男とマリーにしかなつかない。表情もいつも複雑な感情を表しているように見えて仕方ない。


女は家人がいない隙に食い物を探す
(カウンターの上にいるアイドルを監視カメラでキャッチ)

タイタンはその点何も考えていない。ただただ虫を追うか食べ物のことしか頭の中にはないようだ。

男はスポーツのことしか考えない

複雑な気持ちを共有できそうな娘がほしかった。が、自分の息子にはそんな単純な男の子を持つ喜びも味わってほしいという気持ちがある。自分自身のことを考えても、時々自分の感情を持て余して大変だ。

とはいえ、男よりも女の方が賢いのも確かですがね。

なにしろ・・・

女は哲学する
なにしろ・・・

男はスポーツのことしか考えない

2017年6月12日月曜日

ニュースランキング

イタリアから帰ってきた長男とサキに、写真鑑賞会を開くことを提案した。場所は次男のマンションだ。一番の目的は猫たちに会うこと。そしてタイタンがどんな状態か確認すること。

タイタンに凍ったペットボトルの表面についた水滴を舐めさせるのも試したい。素晴らしいアイデア!と次男に先週話したものの、やはり次男もマリーも試してなかった。残念なことに、タイタンは一舐めしただけでそのあとは興味を失ってしまった。なかなか手強い。

それでもこれからも何度か試してみようと思う

次男にこれから時々試してみたら?と言ったが、タイタンはお水を飲むようになった、ウェットフードも食べているから大丈夫ということ。これ以上ああしろこうしろ、と言いたくない。

タイタンは外に面した側の窓枠に置いたお水だけを飲むという

とりあえずタイタンは元気そのものだし、長男とサキが持ってきてくれたお土産のおもちゃでパワフルに遊んでいる。

キャットニップ(イヌハッカ)の入ったおもちゃで大興奮

鑑賞会が始まった。長男とサキは同じ大学に在籍していた頃はそれぞれ他の子と付き合っていたのに、卒業後今度は二人が付き合い始めるようになった。そしてそれからもう7年。4年前からはイギリス、フランス、日本、タイと毎年10日間一緒に旅行するようになり、今回はイタリアでローマ、フィレンツェ、ベニスと廻ったらしい。

毎日パスタとデザートを食べていた長男は太っていた

1600枚にもわたる写真を1時間半かけて見たあと、最後の写真がさりげなく映し出された時、えええっ!と大きな声が出た。今日のニュースランキング第1位。

最後の写真は婚約指輪をつけたサキの手だった

次男がマリーと結婚し、2匹の猫が来て、2ヶ月後には初めての子供が生まれる。そして長男はサキと結婚する。こうしてどんどん家族が増えて行く。7年前には母が、そしてちょうど1年前には父が死んでしまったが、こうして周りにまた人が増えて行くのだなあ、と車に乗り込んで走り去る二人を見ながら思う。

それにしても今回のニュースランキング第2位はアイドルが2週間で0.5ポンド減ったことだ。常時お皿に餌がある状態にするのをやめて、決まった時間に決まった量だけあげるようにしたことが功を奏したようだ。

それに比べてウェットフードをあっという間に食べ終えるタイタンは、2週間で体重が1ポンド増えた。

ウェットフードを食べ終えたあと、
名残惜しそうにお皿を見つめるタイタン

ニュースランキング第3位は、肥満がアイドルからタイタンにバトンタッチし始めたことかもしれない。

どっしりと重くなったタイタン

なんてことを次男とマリーに話したら、タイタンが口を開けた。

フェイクニュース!

2017年6月4日日曜日

オスとメス

オス猫とメス猫の違いなのか、あるいは単にこの2匹の性格の違いなのか、アイドルとタイタンの違いは人間の男女の違いに近いものがあるようにも思える。犬には笑顔があるのに、猫には笑顔がない。でも、アイドルの表情に比べるとタイタンの表情は単純で何も考えてないように見える。

まるで人間の男女と同じではないか。もしかしてアイドルにも引き出しがあるのだろうか。その引き出しがタイタンにはないのかもしれない。それともこれは成猫と子猫の違いなのか。

屈託のない表情のタイタン

アイドルはいつも何かを熟考しているように見える

1週間前にサンノゼに帰ってきたので、二匹の様子は次男とマリーが送ってくる写真でしかわからないが、タイタンも元気そうだ。なんでもメス猫の尿管はボールペンの先ぐらいの太さだが、オス猫のそれはシャーペンの芯ぐらいしかないらしい。だから、水分摂取量が足りないと尿路疾患にかかりやすいということだ。

次男がインテリアデザインを担当した寝室で寝るマリーと二匹の猫の幸せな時間
来週は私に壁のペンキ塗りを手伝ってほしいということ

次男いわく現在タイタンが食べるのは、ウェットフードが1日1缶だけで、あとはカリカリだそうだ。お水は相変わらず飲まない。シリンジでお水をあげてもいないようだ。全く足りないがそれに関しては何ももうアドバイスしたくない。心配だが仕方ない。

アイドルは相変わらず太っているし、キャットタワーにも上がることはまずないそうだ。それにしてもこの2匹を見ていると笑えてくる。タイタンの男特有の単純さに比べ、アイドルのシリアスな表情はまるで、姉が弟に嫉妬しているように見えるからだ。

この前空き箱で家を作ってあげたが、
アイドルは入らない(入れない)

半年前にタイタンがやって来た時、アイドルは新参者に対して猫パンチを何度もかましていたが、最近はとりあえず仲良くやっている。マリーに寄りかかって寝ている姿は安心しきった表情で、幸せそうだ。

少なくとも今は。

この腹の中に何が入っているのか知る由もなく・・・

2017年5月28日日曜日

2匹の猫

3連休の今週末、次男とマリーが友人の結婚式に参列するためにGreenfieldという225キロ南の町に泊まりがけで行く。普段なら長男が留守番に来るが今ガールフレンドのサキとイタリア旅行中なので、私が昨日から猫の世話に来た。

民泊から見えるフィレンツェの景色らしいが、毎年ヨーロッパや東南アジアに貧乏旅行する
長男たち(もうすぐ31歳と30歳)を見ながら、一体いつ結婚するのだろうかと思う

朝8時前の電車の乗客は90%以上がテッキー(ハイテク技術者)をはじめとするIT企業で働く通勤客のようだ。

電車はダブルデッカー

電車を降りてすぐのPhilzコーヒーが一番好みの味
いつも行列ができている

最近はスーパーもカフェも犬を連れた人が多い

回復し始めたタイタンを見たのが先週の20日。それ以来6日ぶりに見たタイタンは、病気になる前の姿に完全復活している。

なんとタイタンはキッチンのカウンターに上がるようになっていた
そのルートを発見した時の写真

が、先週は食べられる時に少しでも食べさせようと私が一日中くっついて食べさせていたせいか、餌をくれ〜、餌をくれ〜とキッチンにいる私の足によじ登るような仕草をする。なのに、水分だけはやはり一滴も飲もうとしない。

見るのだけは好きらしい

アイドルにも飛びかかって行って遊ぶようになったし、全く以前と変わらない。そうか、タイタンはこんなに1日動き回っていたのか、と改めて先週のぐったりして全く動かない姿を思い出して驚く。

雄猫の腎臓系の病気を考えると、これからもっと目を光らせていないといけないのだろうが、次男とマリーにこれ以上は何も言えない。

なにしろ仕事が忙しい上にもうすぐ子供も生まれる二人。親がうるさく言ってはいけないだろう。だが、3週間後には私も日本に行ってしまう。また猫たちが病気になったら困るのは彼らだ。と、放っておけばいいのに繰り返し同じことを考える。

マリーは今28週妊婦

アイドルはドライフードがいつでも食べられるようにしてあるせいか、肥満がどんどん進行しているようだ。これもどうするか。

タイタンは一日中キャットタワーにいるが
アイドルはソファから動かない

遊びが好きで人懐っこいタイタンに比べ、アイドルは動きも緩慢でまずキャットタワーにも上がらない。2匹は同じ体重なのに、身体の幅が明らかに違う。

タイタン(左)とアイドル(右)

写真を撮り始めるとアイドルはいつもムッとした顔をする。何故なんだろう。何か目で訴えているようだ。

うちらBMIはおんなじだし

2017年5月25日木曜日

タイタンの理由

タイタンはやっと元通りに回復したようだ。私は土曜日にサンノゼに帰って来て以来心配し続けているが、次男にしつこく連絡して様子を聞くのもはばかられる。

尿検査では異常なし。結局高熱の原因は何だったのかわからない。

高熱でひたすら寝ていた先週のタイタン

それなら今できることは水分摂取量をちゃんと把握することだろう。が、タイタンは監視カメラで調べてもやはり全く飲んでいないということ。とりあえずは餌は全面的にウェットフードに替えて、食べさせる時少しだけお水を入れているそうだ。

キャットタワーの一番上の段にもちゃんと上がってくつろぐようになった
アイドルは登るのが面倒なのかほとんど使わない

アイドルとも遊ぶようになった、と次男から写真も送られてきた。

猫は一旦太るとなかなか痩せられないそうだ
元気そうだ。なら高熱の原因は何だったのか。下部尿路疾患ではなかったのだろうか。脱水症状からの高熱だったのか?なら、どうしてそんなになるほどお水を飲まなくなったのだろう。

video


送って来た動画を見てもまるで何もなかったかのようだ。それならこれから一体何を気をつければいいのか。はっきりした原因がわからないから、対策もわからない。

友人たちから次々と恐ろしい体験談が入ってくる。

友人と鼎泰豊でランチを食べながらペット医療費の話

Mさん:病気のデパートのようなうちのワンちゃん、一体何万ドル使ったことか。Sさん:腎臓病の猫に$7000の治療費を使った末医療ミスで死んでしまった。Hさん:この前死んでしまったうちの猫は、最期3日間入院して多額の治療費の請求書だけが残った。保険は入るだけ無駄。などなど。アメリカでペットが病気になると大変なんだとわかった。

アイドルは給水器から飲むようになった

かわいいペットが病気になったらどんな治療でも受けさせてやりたい。MRIだろうがCT検査だろうが必要なら受けさせたいが金銭的に悩む、という状態になってしまうのは避けたい。だから、健康を保ってやることが一番大事だ。

でもタイタンにお水を無理やり飲ませることもできない。

絶対に飲まない
一体何が理由なのか

鼻濡らしたくないし

2017年5月21日日曜日

水分補給

日本でも今日は暑かったようだが、サンフランシスコも今日の気温は27度まで上がった。サンノゼほど暑くはないが、猫の健康にも気を使ってやらないといけないだろう。

マチス展を見にMOMAまで暑い中歩いて行ったのに、
なんとチケットは売り切れていた

今回のタイタンの病気で、猫の腎臓病のことをかなり調べてみた。尿検査の結果はまだ出ていないが、おしっこが2日間出なかったので、脱水症による発熱と下部尿路疾患だったのかも、と勝手に結論を出している。

おもちゃで遊ぶ時間も出てきた

そして次男とマリーのペットの健康管理も甘いなあと感じる。タイタンが2日間全く水分摂取をしていなかったことが、あとで監視カメラの記録を見てわかったのに、これからどうやって水分を摂らせて健康維持するかということも頭にない。

今日も1日、2匹は循環式給水器を遠巻きに見るだけ

雄猫の場合尿路が狭いので尿路疾患にかかりやすい、ドライフードでは殆ど水分が摂れないから、ウェットフードに変えるか、シリンジでも使って水分を摂らせるようにしないといけない、と言っても『大丈夫普段はよく飲んでいるから。』などと言う。が、タイタンがお水を飲んでいる姿は今週一度も見なかった。

夜になって給水器までの距離は少し縮まったが、
それでも二匹とも飲もうとしない

タイタンはやっと85%ぐらい回復したという状態なので、また病気になってほしくない。ドライフードはお皿にいっぱい入れておいて、いつでも食べられる状態。お水も2匹のどちらがどれだけ飲んでいるか全くわからない、という状態。これはまずいだろう。

シリンジをたくさん注文した

少なくとも雄猫のタイタンは1日に200mlは飲んでいるのを確認しなさい、と言っても『多分もっと元気が出たら飲み始めるだろう。』と危機感が全然ない。次男たちの猫のことに親が口出しをするのはいけないのかもしれないが、こうして病気の時は私を頼っているではないか、と心の中でため息をつく。

こういうことでストレスをためるのも疲れるので、猫のことはもう大人の彼らに任せたい。でも、かわいい猫たちのことは気になる。アイドルはますます太っていくばかりで、糖尿病にでもならないだろうか。次男とマリーが猫たちと遊んでいる姿は殆ど見ない。運動不足で太っているのかもしれない。

アイドルはいつもゴロゴロしている

などなど心配がつきない。保険だってもう少しいい会社を探せばいいのに、と気になる。猫が病気の時お金の心配までしたくないだろうに、と喉元過ぎれば・・・状態の二人に何か言いたいけど我慢する。

とにかくタイタンがやっと元気になったことだけ喜ぶことにしよう。

どうでもいいから、メシ